数学がマンションになった新時代の教材 見てすぐ分かる・原因がわかる 小学生 中学生 高校生向け

数学ビル
数学ビルとは 製品案内 数学ビル情報・その他

数学ビルとは

数学ビルの構成

数学ビルの構成

縦の同色ラインは、関連性のある【棟】です。
【ばくだん】などのマグネットがつ付いているところから勉強しなおします。
周りの部屋との関係から、知識のつながりを視覚的に直感理解できます。

数学ビルの各部名称

数学ビルの各部名称

「数学ビル」®は個別指導塾クレア・アカデミーが独自に開発した「マンション型教材」です。学習目標・現在位置・成績の上がらない原因点・学力分布・知識のつながり等を同時に示します。

「数学ビル」は、従来のテキスト型教材のように勉強内容を教えるものではありません。つまづきの原因、修正手続き、現状と目標の距離などを視覚的に示す教材です。患部の根源治療が可能になるため、学習成果を一時的にではなく、恒久的に残すことが可能となります。

下の学年のある項目が出火元で、現在の勉強がわからなくなっている様子

算数・数学が身近な比喩になっています。
ビル(数学知識体系)・階(学年)・棟(ジャンル)・部屋(学習単元)などがその例です。

「部屋」(=学習単元)を終了するごとに行なうチェックテストの成果を、理解度マグネット(スター・ピカにこ・にこにこ・ばくだん・爆発)に置き換えます。理解度マグネットがビル表面に広がりだすと、成績分布が視覚化された学習カルテになります。数学ビル学習カルテは生徒・保護者・先生の誰が見ても分かる共有資料となります。

さらに詳しい内容を知りたい方は、参考図書としてこちらをご紹介致します。
「わが子を算数・数学のできる子にする方法」 小出順一 PHP新書

お問合せ
クレアアカデミー メールマガジン サイトマップ
「学校では決してまなべない文章技術の全てがわかる通信講座」 クレア作文学校はこちら